おしとね天繕



おしとね天繕
作者:山口譲司

1巻
第一手 値千金也(あたいせんきんなり)
第二手 英断也(えいだんなり)
第三手 くノ一也(くのいちなり)
第四手 抜擢也(ばってきなり)
第五手 床勝負也(とこしょうぶなり)
第六手 奸臣也(かんしんなり)
第七手 間諜也(かんちょうなり)
第八手 武士也(もののふなり)
第九手 色魔也(しきまなり)
第十手 香満尼也(こうまんになり)
第十一手 清浄也(しょうじょうなり)

2巻
第十二手 淫夢也(いんむなり)
第十三手 待望也(たいぼうなり)
第十四手 桃也(ももなり)
第十五手 女心也(おんなごころなり)
第十六手 不在也(ふざいなり)
第十七手 尺八也(しゃくはちなり)
第十八手 狐狸也(こりなり)
第十九手 貝遊び也(かいあそびなり)
第二十手 大回転也(だいかいてんなり)
第二十一手 ねぶり也(ねぶりなり)
第二十二手 討ち入り也(うちいりなり)
第二十三手 赤玉也(あかだまなり)
第二十四手 異人也(いじんなり)
第二十五手 収斂也(しゅうれんなり)
第二十六手 真骨頂也(しんこっちょうなり)

3巻
第二十七手 窃視也(せっしなり)
第二十八手 影也(かげなり)
第二十九手 三獣士也(さんじゅうしなり)
第三十手 獣道也(けものみちなり)
第三十一手 証也(あかしなり)
第三十二手 穴場也(あなばなり)
第三十三手 鈴也(すずなり)
第三十四手 吟味也(ぎんみなり)
第三十五手 緊縛也(きんばくなり)
第三十六手 しとね人也(しとねにんなり)
第三十七手 罠也(わななり)
第三十八手 剣客也(けんきゃくなり)
第三十九手 未熟也(みじゅくなり)
第四十手 火照り也(ほてりなり)

4巻
第四十一手 博徒也(ばくとなり)
第四十二手 迷宮也(めいきゅうなり)
第四十三手 物語也(ものがたりなり)
第四十四手 毛也(けなり)
第四十五手 不覚也(ふかくなり)
第四十六手 御法度也(ごはっとなり)
第四十七手 変化也(へんかなり)
第四十八手 意匠也(いしょうなり)
旅情編
旅の一 大命也(たいめいなり)
旅の二 変態也(へんたいなり)
旅の三 釣師也(つりしなり)
旅の四 母娘也(ぼじょうなり)
旅の五 蛮勇也(ばんゆうなり)
旅の六 妖怪也(ようかいなり)

5巻
旅の七 TOKIO也(トキオなり)
旅の八 筆おろし也(ふでおろしなり)
旅の九 海幸也(うみさちなり)
旅の十 渡世也(とせいなり)
旅の十一 夢想也(むそうなり)
旅の十二 一大事也(いちだいじなり)
旅の十三 再興也(さいこうなり)
旅の十四 仕合也(しあいなり)
旅の十五 一騎打也(いっきうちなり)
旅の十六 鰻也(うなぎなり)
旅の十七 兎也(うさぎなり)
旅の十八 腕くらべ也(うでくらべなり)
旅の十九 勤め也(つとめなり)

6巻
旅の二十 極意也(ごくいなり)
旅の二十一 熟成也(じゅくせいなり)
旅の二十二 発起也(ほっきなり)
特別編
南蛮編
隔世編
一の床 帰還也(きかんなり)
二の床 浦島太郎也(うらしまたろうなり)
三の床 座禅也(ざぜんなり)
四の床 具合問答也(ぐあいもんどうなり)
五の床 立ち続け也(たちつづけなり)
六の床 傾無者也(かぶなしものなり)
七の床 大願成就也(たいがんじょうじゅなり)

この記事へのコメント