曇天に笑う



曇天に笑う
作者:唐々煙

1巻
第一話 三兄弟、雲天に立つ
泡沫に笑う 前編
泡沫に笑う 後編

2巻
第ニ話 雲天下、一難にまた一難
第三話 殺人鬼、雲天に嘲う
第四話 乱入者、乱れに咲き候
第五話 花神、日輪に乞う
第六話 追う者、雲天に燃ゆる

3巻
第七話 次男、監獄に潜る
第八話 過憶、雨天に蘇り
第九話 風魔、獄門に忍ぶ
第十話 三兄弟、古巣に揃寝
第十一話 天下、不穏に揺れる
第十ニ話 太陽、雲天に散る

4巻
第十三話 少年、雨天に慟哭す
第十四話 嘆者、思念に揺らぐ
第十五話 後継者、濁り空に立つ
第十六話 風魔、雲天に根付く
第十七話 大蛇、雲天に蘇り
第十八話 大蛇、現世に降つる

5巻
第十九話 太陽、雲天に再炎
第ニ十話 器、蒼天に縋る
第ニ十一話 白き闇、裏に返る
第ニ十ニ話 風魔、主に定めり
第ニ十三話 雲天、混沌に淀む

6巻
第ニ十四話 犲、命に駆ける
第ニ十五話 討伐隊、大蛇に進撃
第ニ十六話 兄弟、太陽に集う
最終話 大衆、晴天に笑う






曇天に笑う 外伝

上巻
第一話 再々、近江に座す
第ニ話 番犬、昔年に喪す
第三話 太陽、想いに揺らぐ
第四話 白き闇に還る

中巻
第五話 呪蛇、現世に再来
第六話 雛鳥、犲に惹かれる
第七話 犲、大蛇につく
第八話 まがい物、地に崩れる
第九話 道、多に別かつ

下巻
第十話 泡泡、花影に追想
第十一話 蝶、獣に心想
第十二話 太陽、古巣に帰還
第十三話 故友、刃に交える
第十四話 天火、不実に宥恕
第十五話 若鳥、大鷹に挑む
第十六話 極楽鳥、閉じた鷹に一撃
最終話 空、蒼天に咆哮
終幕 晴天、未来に笑う

この記事へのコメント